凡例

リンクと参考サイトの略記一覧
写真初出書誌など略記一覧
「『検証写真』を検証する」が取り上げている書誌一覧
記事へのリンク

リンクと参考サイトの略記一覧

略記 サイト名 オーナー URL
"n/143" "n/143" + α (ノート) msq http://www11.ocn.ne.jp/~nbbk/n_143.html
"検証" を検証 " 南京事件 「証拠写真」を検証する" を検証する msq http://www11.ocn.ne.jp/~nbbk/nankin01.html
思考 思考錯誤 とほほ (新)http://t-t-japan.com/bbs2/c-board.cgi?id=sikousakugo
(旧)http://t-t-japan.com/bbs/article/t/tohoho/
検証 画像資料検証専用 とほほ http://t-t-japan.com/bbs2/c-board.cgi?id=imgbord
問答 問答有用 クマ http://otd2.jbbs.livedoor.jp/mondou/bbs_index
タラリ 南京事件の真実 タラリ http://www.nextftp.com/tarari/index.htm

ページTopへ

写真初出書誌など略記一覧

初出と東中野氏が言っているものを記したのであって、再検証したわけではありません。
略記 書誌名・写真群・撮影者 発行年月
(東中野氏による)
備考
書誌検索(所蔵図書館検索) NACSIS Webcat [AD-IMG]
総合目録データベースWWW検索サービス (全国大学図書館)
Tim "Japanese Terror in China" Timperley、 の漢訳本、田伯烈編「外人目睹中之日軍暴行」 昭和13年?月 漢口版、香港版あり 。英語版原書には写真無く、漢訳本にて写真多数掲載"n/143"
日寇 「日寇暴行実録」国民政府軍事委員会政治部編 昭和13年7月 .
ナンキン 「ザ・レイプ・オブ・ナンキン」史詠・伊集約、写真集 アメリカ、平成9年 1997 Shi Young/James Yin, The Rape of Nanking: An Undeniable History in Photographs, Innovative Publishing Group, 1997
*本書では史詠・伊集約『ザ・レイプ・オブ・ナンキン」と表記
(Fi) 「ザ・レイプ・オブ・ナンキン」の中の、マリオン・フィッチ提供と記された写真群 . マリオン・フィッチ氏のもとに、誰が集めたかわからない写真があったのだろう。写真は様々なルートで流出していたようだから、「日寇暴行実録」や「外人目撃中の日軍暴行」の写真と重複があるのは当然だろう。
南京 「ザ・レイプ・オブ・南京」アイリス・チャン アメリカ、平成9年 1997 Iris Chang,The Rape of Nanking : The Forgoten Holocaust of World War U, New York:Basic Book, 1997
*本書ではアイリス.チャン『ザ.レイプ・オブ・南京』と表記
平成9年のこの本が初出というのはちょっと変ですが、東中野氏はこの本の欠陥に、いつまでもとり憑いているかのようだ。
Mg-Film 『マギーフィルム』から起こした写真 1937. 撮影地南京 In 1937, Reverend John Magee made a 16mm film about the Nanjing Massacre. It is believed to be the only documentary about the horrible incident.
About Reverend Magee's Documentary
マギー牧師の解説書
(Mg-Wit) 「ザ・レイプ・オブ・南京」の中で、後年に編集された『マギーの証言』(1991)という映像から起こした写真? . .
Life3710 「ライフ」 1937年10月4日 ニュース映画としての元は、キャスルフィルムの News Prade The Year of 1937 か。
Life3710 LIFE 1937年10月11日 .
Life3801 「ライフ」 1938年1月10日 .
Life3802 「ライフ」 1938年2月21日 .
CWR "The China Weekly Review" 上海の週刊誌。1938年、この年に日本軍の残虐写真を載せた。 NACSIS検索
東京大学蔵書目録
東京ならば慶応大学、東大東洋文化研究所の図書館にあり
CRW3810 "The China Weekly Review" 1938年10月22日 .
CRW3808 "The China Weekly Review" 1938年8月13日 .
Look3811 "Look" 1938年11月22日号 .
ジュニア ジュニア版写真で見る日本の侵略 平成7年、大月書店 13c、13dの写真は、1938年7月から1年間,南京の兵站病院で衛生伍長として勤務した坂本多喜二氏が撮影したもの
アサグ1211 アサヒグラフ 昭和12年11月10日 P112写真A、C、D、Eは、熊崎特派員撮影とある
支那中 支那事変写真全集(中)上海戦線 昭和13年3月1日 P113写真F、写真35、P112写真C
満州 満州グラフ(事変特集号) 1938年1月号 P114写真G、H
朝画報9 朝日版支那事変画報(第9輯) 昭和12年12月5日 .
毎画報11 毎日版支那事変画報 (第11輯) 昭和12年12月1日 .
毎画報12 毎日版支那事変画報 (第12輯) 昭和12年12月11日 .
毎画報23 毎日版支那事変画報 (第23輯) 昭和13年4月1日 .
毎画報49 毎日版支那事変画報 (第49輯) 昭和13年12月21日 .
[恥]帳 「恥の写真帳」にある写真 「恥の写真帳」は戦後明るみに 東中野氏は映画「南京1937」=1995年製作(の市販ビデオ?)で「写真帳」の中味を確認
一億人 一億人の昭和史10 昭和54年 .
別冊歴史 別冊歴史読本 未公開写真に見る日中戦争 1985年 .
侵華八年 日軍侵華八年抗戦史 昭和58年 .
記念館 (南京大虐殺記念館展示) . .
TimeLife タイムライフブックス第2次世界大戦史 昭和54年日本語版 .
Daily3709 デイリーミラー紙 1937年9月30日 .
抗戦画史 「中国抗戦画史」舒宗僑、曹聚仁、 昭和22年 .
写真集 「写真集、南京大虐殺」 刊行するキリスト者の会、エルピス、平成7年? (参照)"n/143"
マギーフィルムと羅瑾氏写真帳に詳しい
刊行年は平成7年とあるが、1995年と記すものも多い(エルピス1995で検索ヒットします)
侵華日軍 「侵華日軍南京大屠殺暴行照片集」 昭和60年 .
国際救援 『南京大屠殺与国際救援図集』 朱成山主編、江蘇古籍出版社、平成14年 .
歴史写真 「歴史写真」昭和13年2月号 昭和13年2月号 .
抗日解放 「抗日解放の中国」 . .
新華社 新華社通信? . .
not-Mg (マギーフィルムではない映画)? . .
スチール . . 「シカゴ・デーリー・ニュース」特派員アーチボールド・スチールが撮った写真
フォスター . . 米国聖公会伝道団宣教師アーネスト・フォスター撮影
日日佐藤 . . 東京日日新聞従軍カメラマン、佐藤振寿氏撮影
不動 . . 同盟通信従軍記者、不動健治氏撮影
松尾 . . 大阪毎日新聞従軍カメラマン、松尾邦蔵氏撮影
村瀬 「私の従軍中国戦線、一兵士が写した戦場の記録」 初版1987年、再版2005年 兵站自動車第17中隊二等兵、村瀬守保氏撮影
井出 . . 飛行第8大隊付従軍記者、井出純二氏撮影

ページTopへ



「『検証写真』を検証する」が取り上げている書誌一覧(写真掲載と思われるもの)

・「南京安全地帯の記録」徐淑希編、上海、昭和14
・ 「Japanese Terror in China(戦争とは何か 中国における日本軍の暴虐)」H.J. Timperley (ed) ,
       Modern Age Books,N.Y.,1938 :ロンドン、ニューヨーク、昭和13年7月
・「(同上漢訳版)外人目撃中の日軍暴行」楊明訳、国民出版社、昭和13(1938)年 
       漢口版、香港版あり、昭和13年
・「日寇暴行実録」中国国民政府軍事委員会、昭和13(1938)年7月


・「昭和12年12月24日東京朝日新聞」
・「ノース、チャイナ、デイリーニュース」
・「週刊朝日・アサヒグラフ臨時増刊 支那事変画報」朝日新聞社、昭和12年〜
    *本書では『朝日版支那事変画報」と略記 
・『アサヒグラフ』朝日新聞社、昭和12年〜 
・「支那事変画報 大阪毎日東京毎日特派員撮影」大阪毎日新聞社、昭和12年〜
    *本書では『毎日版支那事変画報』と略記 
・「歴史写真」多田鉄雄、歴史写真会、昭和12年〜
・「チャイナ・ウィークリー・レビュー」1938〜
・「ライフ」1938〜
・「写真週報」内閣情報部編、昭和12年〜
・「南京攻略戦写真帖」内田良三、尚美社、昭和13年
・「支那事変写真実記」神田計三、帝国出版社、昭和13年
・「支那事変写真帖」読売新聞社、昭和13年
・「支那事変写真全集(中)上海戦線」朝日新聞社、昭和13年
・「支那事変写真全集(三)黄河・徐州戦線」朝日新聞社、昭和13年
・「支那事変写真全集(四)武漢・広東攻略戦」朝日新聞社、昭和13年
・「支那事変 戦跡の栞」陸軍恤兵部、陸軍画報社、昭和14年
・ 支那はどんな宣伝をしたか」辺成烈 『モダン日本』昭和14年二月号 
・『支那事変 戦跡の栞』陸軍画報社編 陸軍恤兵部、昭和14年 
・「国際宣伝の楽屋裏」原圭二 『経済知識』昭和14年11月号 
・「LA GUERRE TEILE QU'ELLE EST, PARIS EDITIONS」H.J. Timperley (ed), A. PEDONE 1939 
・「中支を征く」中支従軍記念写真帖刊行会〔代表=名取洋之助〕、昭和15年
・『報道戦線』馬淵逸雄 改造社、昭和16(1941)年 
・「The Battle for Asia」Edger Snow,  Kelly&Walsh,1941 


・「中国抗戦画史」舒宗僑、曹聚仁、聯合画報社初版、昭和22年
・「アジアの戦争」エドガースノー、守谷巌訳、みすず書房、昭和31年、原著は昭和16年
・「画報近代百年史第15集」日本近代史研究会〔代表者=服部之総 / 編集人=不動健治〕国際文化情報社、
     昭和27年 図書センターが平成元(1989)年に再版 
・『毎日グラフ(別冊第5号) 日本の戦歴』毎日新聞社、昭和40年


・「(戦争とは何かの邦訳)外国人の見た日本軍の暴行」ティンバーリ編、龍渓書舎、昭和47年2月
・「中国の旅」本多勝一、昭和47年3月
・「中国の日本軍」本多勝一、創樹杜、昭和47年7月
・『「南京大虐殺」のまぼろし』鈴木明 文藝春秋、昭和48(1973)年 
・『野戦郵便旗』佐々木元勝 現代史資料センダー出版会、昭和48年 
・『続・野戦郵便旗』佐々木元勝 現代史資料センター出版会、昭和48年 
・『一億人の昭和史2』毎日新聞社、昭和50年 
・『一億人の昭和史 10』毎日新聞社、昭和52(1977)年 
・『一億人の昭和史 日本の戦史 3 日中戦争 1』毎日新聞社、昭和54年 
・『奈良聯隊写真帖』奈良聯隊写真帖編集委員会、昭和55(1980)年 
・『外国人の見た日本軍の暴行』ティンパーリ編、訳者不明、評伝杜、昭和55年 
・『終戦記念戦記シリーズ 激動日中戦史秘録』◎編者不詳 発売パステル、昭和50(1975)年以降の編集?発売年不詳
・『写真集支那事変』島貫武治監修 国書刊行会、昭和54年 


・『中国の旅』本多勝一〈文庫版〉朝日新聞社、昭和56(1981)年 
・「(戦争とは何かの邦訳の再復刻版)外国人の見た日本軍の暴行」ティンバーリ編、評伝社、昭和57年11月
・『支那事変・大東亜戦争写真集』鵜飼敏定編 歩兵第四十五連隊史編集委員会、昭和58(1983)年 
・『カメラと人生』白井茂 ユニ通信社、昭和58年 
・『写真記録 日本の侵略:中国 朝鮮』黒羽清隆・梶村秀樹 ほるぷ出版、昭和58年 
・「南京大虐殺の現場へ」本多、洞、藤原、朝日新聞社、昭和58年12月<羅瑾氏16枚の写真帳の紹介>
・『史料選輯・侵華日軍南京大屠殺史料専輯(第四輯)』中国人民政治協商会議江蘇省南京市委員会文史資料研究会編昭和58年
     *翌59(1984)年、『証言・南京大虐殺』として翻訳出版(青木書店) 
・「証言南京大虐殺・・・戦争とはなにか」南京市委員会文史資料委員会編、日本語版、昭和59年8月
・『南京虐殺の虚構』田中正明 日本教文社、昭和59(1984)年 


・「侵華日軍南京大屠殺暴行照片集」中国第二歴史[档]案館南京市[档]案館南京大屠殺史料編輯委員会編 昭和60年
・『日中戦争南京大屠殺事件資料集極東軍事裁判関係資料編』洞富雄 青木書店、昭和60年 
・「日中戦争南京大虐殺事件資料集」洞富雄編、青木書店、昭和60年
・「南京事件資料集」南京事件調査研究会編、青木書店、平成4年
・『日中戦争南京大虐殺事件資料集英文資料編』洞富雄 青木書店、昭和60年 
・『私の従軍中国戦線』村瀬守保 日本機関紙出版センター、昭和62(1987)年 
・『南京への道』本多勝一 朝日新聞社、昭和62年 
・『聞き書南京事件』阿羅健一 図書出版社、昭和62年 
・「南京大虐殺の証明」洞富雄 朝日新聞社、昭和62年 
・『決定版南京大虐殺』洞富雄 徳聞書脂、昭和62年 
・『南京大虐殺の現場へ』洞富雄・藤原彰・本多勝一 朝日新聞社、昭和63(1988)年 
・『母と子でみる 南京からの手紙 日本は中国で何をしたか』早乙女勝元 草の根出版会、昭和63年 
・『別搬歴史読本 未公開写真に見る日中戦争』新人物往来社、昭和64(1989)年 
・『大東亜戦争への道』中村粲 展転社、平成2年 
・『日本の軍服』太田臨一郎 国書刊行会、平成3(1991)年 
・『史実の歪曲』畝本正己 閣文社、平成4(1993)年 
・『ドキュメント太平洋戦争史 日中戦争』フランク・キャプラ監督〔原題 Battle of China。ビデオ〕イメージボックス、平成4年 
・『南京大虐殺日本人への告発』南京大虐殺の真相を明らかにする全国連絡会編 東方出版、平成4年 
・『南京事件資料集アメリカ関係資料編』南京事件調査研究会編 青木書店、平成4年 
・『南京事件資料集中国関係資料編』南京事件調査研究会編 青木書店、平成4年 
・『従軍カメラマンの戦争』小柳次一=写真 石川保昌=文・構成 新潮杜、平成5年 
・『南京への道』本多勝一 朝日文庫、平成6(1994)年 


・「写真集、南京大虐殺」刊行するキリスト者の会、エルピス、平成7年10月<マギーフィルムと羅瑾氏写真帳に詳しい>
・『ジュニア版写真で見る 日本の侵略』アジア民衆法廷準備会編 大月書店、平成7年 
・『南京難民区の百日』笠原十九司 岩波書店、平成7年 
・『日中戦争 日・米・中報道カメラマンの記録』平塚柾緒 翔泳社、平成7年 
・『南京 戦記映画復刻版シリーズ21』東宝文化映画部編〔ビデオ〕日本映画新社、平成9(1997)年 
        * 昭和13年二月公開 それと思われるWEBビデオ
・『仕組まれた"南京大虐殺〃』大井満 展転社、平成7年 
・「写真による否定できない歴史・・・ザ・レイプ・オブ・ナンキン」史詠、尹集均、アメリカ、平成9年
・『陸海軍服装総集図典』北村恒信編 国書刊行会、平成8(1996)年 
・『南京事件』笠原十九司 岩波新書、平成9年 
・『盧溝橋事件の研究』秦郁彦 東京大学出版会、平成9年 
・『南京の真実』ジョン・ラーべ、平野卿子訳、講談社、平成9年 
・「The Rape of Nanking: An Undeniable History in Photographs」Shi Young/James Yin,, Innovative Publishing Group, 1997 
    *本書では史詠・伊集約『ザ・レイプ・オブ・ナンキン」と表記 
・「The Rape of Nanking : The Forgoten Holocaust of World War U」Iris Chang, New York:Basic Book, 1997 
    *本書ではアイリス.チャン『ザ.レイプ・オブ・南京』と表記 アイリス・チャン、アメリカ、平成9年
・「John Rabe:Der Gute Deutsche von Nanking」Erwin Wickert (Hrsg.) ,Deutsche Verlags-Anstalt,1997 
・「南京大屠殺与国際救援図集」朱成山主編、江蘇古籍出版社、平成14年
・『現代史の争点』秦郁彦 文葵春秋、平成10年 
・『「南京虐殺」の徹底検証』東中野修道 展転社、平成10年 
・『毎日新聞秘蔵 不許可写真1』毎日新聞社、平成10年 
・『毎日新聞秘蔵 不許可写真2』毎日新聞社、平成11(1999)年 
・『「ザ・レイプ・オフ・南京」の研究――中国における『情報戦』の手口と戦略』藤岡信勝・東中野修道詳伝社、平成11年 
・『シリーズ20世紀の記憶 大日本帝国の戦争1 満州国の幻影』毎日新聞社、平成11年 
・『南京大屠殺与国際大救援図集』未成山主編 江蘇古籍出版社、平成14年 



本文中に触れているのに、書名、著者名のみで、出版時期、出版社などをしめさず、かつ、
このリストにも載せてないもの(※"n/143" + α (ノート)による)

・p209 日本写真家協会編(JPS編)『日本写真史 : 1840-1945』(平凡社 1971年) [図] 
・p210 昭和の歴史刊行会/編 今井清一/責任編集 『図説 昭和の歴史 6 大戦への道』(集英社 1980年3月) [図] 
・p237 周令飛/佃正道訳『北京よ、さらば 魯迅の孫が綴る中国の30年』(サンケイ出版 1983年)※ 

(作成途中)

ページTopへ



記事へのリンク

記事へのリンクにマウスポインターを乗せると概要がポップアップします。

文字大きさを変える時は
デスクトップのカスタマイズ>デザイン>ヒントです。

ページTopへ

SEO [PR] 母の日 カード比較 再就職支援 バレンタイン 冷え対策 誕生日プレゼント無料レンタルサーバー ライブチャット SEO